トレーニングチューブ【器具解説】種類とおすすめのセットタイプ

自宅での筋力トレーニングが気軽に行えるトレーニングチューブの種類とセットタイプについて解説します。

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

トレーニングチューブの特徴

トレーニングチューブ(レジスタンスバンド)を使用するトレーニングは、複数の筋肉を同時に動かすコンパウンド種目(複合関節種目)だけでなく、単一の筋肉に集中的な負荷を加えられるアイソレーション種目(単関節運動)が豊富なことが特徴です。

また、ダンベルなどフリーウエイトでは再現できない「上から腕を引く動作」が可能なことも大きなメリットです。

トレーニングチューブの種類

シンプルタイプ

シンプルなチューブタイプで、リーズナブルなことがメリットです。単なるゴムチューブなので、固定や保持に難点があります。

ループタイプ

腕や太ももにはめて使用するタイプです。トレーニング種目が限られます。

エクササイズバンド

g_04-300x300.jpg

異なる強度のものがセットになった板状ゴムバンドです。コンパクトでリーズナブルなのがメリットですが、やや短く、また固定や保持にもやや難点があります。

トレーニングチューブセット

強度の違う複数のトレーニングチューブがセットになったタイプで、現在の主流です。ドアにはさんで固定するアタッチメント、バーにはめられるループアタッチメントが付属しており固定が容易で、またグリップがあるため保持性にも優れています。

トレーニングチューブセットの実際の使用方法や使用感については下記の記事で解説しています。

トレーニングチューブの使用方法と実際の使用感

スポンサーリンク

器具解説記事

プッシュアップバーの器具開設

チンニングラックの器具解説

腹筋ローラーの器具解説

トレーニングチューブの器具解説

ダンベル各種の器具解説

自宅用マシンの器具解説

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る



IPF公認トレーニングギア


海外輸入トレーニング用品

-------
NO IMAGE