上腕のチューブトレーニング

【2020年5月更新】

上腕(上腕二頭筋・上腕三頭筋)のチューブでのトレーニング方法を筋肉部位別に解説します。チューブトレーニングは筋肥大にはやや不向きなものの、体力作りやダイエットには手軽なトレーニングです。

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

上腕の筋肉の構造と作用

上腕二頭筋

上腕二頭筋は長頭と短頭に分けられ、それぞれの作用は以下の通りです。

上腕二頭筋長頭:肘関節の屈曲

上腕二頭筋短頭:肘関節の屈曲と前腕の回外

上腕三頭筋

上腕三頭筋は長頭と短頭(内側頭・外側頭)に分けられ、それぞれの作用は以下の通りです。

上腕三頭筋長頭:肘関節の伸展と上腕内転

上腕三頭筋短頭:肘関節の伸展

さらに詳しい筋肉の情報

筋肉の種類・名称と作用|部位ごとの鍛え方

上腕のチューブ種目一覧(動画つき解説)

上腕二頭筋の種目

男性向き解説

チューブカール
チューブハンマーカール
チューブリバースカール

GLFITより

女性向き解説

チューブカール
チューブハンマーカール
チューブリバースカール

mediaandwomenより

上腕三頭筋の種目

男性向き解説

チューブフレンチプレス
チューブプレスダウン
チューブキックバック

GLFITより

女性向き解説

チューブフレンチプレス
チューブキックバック
チューブプレスダウン

mediaandwomenより

スポンサーリンク

上腕二頭筋のチューブトレーニング

上腕二頭筋全体に有効なチューブカール

チューブカールは上腕二頭筋のなかでも短頭に負荷がかかります。

上半身を反らせたり、肘の位置を動かさないようにして実施してください。

上腕二頭筋長頭に有効なチューブハンマーカール

チューブハンマーカールは上腕二頭筋のなかでも長頭に負荷がかかります。

本種目も上半身を反らさないように留意し、肘の位置をしっかりと固定して動作を行うことがポイントです。

上腕三頭筋のチューブトレーニング

上腕三頭筋全体に有効なチューブトライセプスエクステンション

チューブトライセプスエクステンション(チューブフレンチプレス)は上腕三頭筋の基本となる種目です。

肘の位置を動かしてしまうと、負荷が大胸筋や背筋群に分散してしまうので、肘の位置をしっかりと固定して動作を行うことがポイントです。

上腕三頭筋長頭に有効なチューブキックバック

チューブキックバックは上腕三頭筋のなかでも長頭に負荷がかかります。

本種目も肘の位置を動かさないことに留意して実施してください。

上腕三頭筋短頭に有効なチューブプレスダウン

チューブプレスダウンは上腕三頭筋のなかでも短頭に負荷がかかります。

本種目も肘の位置を動かさないようにすることが大切です。

トレーニングチューブの種類と特徴

トレーニングチューブには、ループタイプ・バンドタイプ・チューブタイプなど多くの種類があり、トレーニング目的に応じて適切なタイプを選択することが大切です。

トレーニングチューブの種類と特徴に関する情報

筋力トレーニング種目一覧

筋力トレーニング各種目の具体的な実施方法は下記ページ(bukiya.net)をご参照ください。

筋力トレーニングの各種目の解説記事一覧(男女別)

チューブトレーニング種目一覧

チューブチェストプレス
チューブチェストフライ
チューブデッドリフト
チューブローイング
チューブラットプルダウン
チューブショルダーシュラッグ
チューブリバースフライ
チューブグッドモーニング
チューブショルダープレス
チューブアップライトロウ
チューブフロントレイズ
チューブサイドレイズ
チューブフェイスプル
チューブフレンチプレス
チューブプレスダウン
チューブキックバック
チューブカール
チューブハンマーカール
チューブクランチ
チューブレッグレイズ
チューブスクワット
チューブレッグプレス
チューブレッグカール
チューブアダクション

関連記事

大胸筋のチューブトレーニング

背筋群のチューブトレーニング

三角筋のチューブトレーニング

上腕のチューブトレーニング

下半身のチューブトレーニング

チューブトレーニングの実施方法

筋力トレーニングと食事の基礎知識

筋力トレーニングを実施したら、そこで満足して終わるのではなく、トレーニング効果を最大限高める食事・栄養摂取をする必要があります。

筋力トレーニングと食事

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る

-------
NO IMAGE