僧帽筋の構造・作用と起始停止および支配神経

僧帽筋(Trapezius)の構造・作用と起始停止および支配神経を解説します。

僧帽筋(そうぼうきん、英語: trapezius)は、人間の背中の一番表層にある筋肉である。

僧帽筋の起始は外後頭隆起から正中を下に下りるように、項靱帯、上項線、第七胸椎から第十二胸椎まで続き、停止は鎖骨の外側1/3、肩峰、肩甲骨の肩甲棘である。

引用:Wikipedia「僧帽筋」

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

僧帽筋の構造

僧帽筋は、上部筋繊維・中部筋繊維・下部筋繊維の三部位に分けられます。

僧帽筋の作用

僧帽筋の作用は以下のとおりです。

上部筋繊維

上部筋繊維は肩甲骨を斜め上方(首の方向)へ引き寄せる作用があります。

中部筋繊維

中部筋繊維は肩甲骨を中央(背骨の方向)へ引き寄せる作用があります。

下部筋繊維

下部筋繊維は肩甲骨を斜め下方(腰の方向)へ引き寄せる作用があります。

僧帽筋が関与する動作

僧帽筋が関与する動作は具体的に、のけぞったり、上や前や下から物を引き寄せる動作で多用されます。

スポンサーリンク

僧帽筋の起始停止

僧帽筋の起始停止は以下のとおりです。

起始

外後頭隆起から第7~第12胸椎の棘突起

停止

肩峰および肩甲骨の肩甲棘

僧帽筋は首の付け根から胸椎にかけての棘突起に起始し、鎖骨外側と肩甲骨に停止しています。

僧帽筋の支配神経

僧帽筋の支配神経は以下のとおりです。

副神経外枝および頚神経叢筋枝

僧帽筋の代表的トレーニング種目

僧帽筋が関与する代表的なトレーニング種目は以下の通りです。

懸垂
斜め懸垂
チューブデッドリフト
チューブローイング
チューブラットプルダウン
チューブショルダーシュラッグ
チューブリバースフライ
ダンベルデッドリフト
ダンベルローイング
ダンベルショルダーシュラッグ
スミスマシンデッドリフト
Tバーローイング
ケーブルローイング
ラットプルダウン
バーベルデッドリフト
バーベルベントオーバーローイング
バーベルショルダーシュラッグ

僧帽筋の筋力トレーニング解説

背筋群の筋力トレーニング

僧帽筋の筋力トレーニング

関連記事

筋肉の名称と作用の図鑑

アウターマッスルの主な筋肉の名称・作用および筋力トレーニングの実施方法については、下記の記事をご参照ください。

筋肉の種類・名称と作用|部位ごとの鍛え方

骨格の名称と関節の構造

骨格筋の下層にあるのが骨格です。人体の主な骨格の構成・分類・名称および関節の構造については下記の記事をご参照ください。

人間の骨格と付随する筋肉および関節の構造

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る



IPF公認トレーニングギア


海外輸入トレーニング用品

-------
NO IMAGE