泳力向上の筋力トレーニング

水泳の泳力を向上させるために鍛えるべき筋肉の構造・作用およびその筋力トレーニングの実施方法を解説します。

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

水泳の推進力を生む筋肉

推進力を生むためにまず必要なのが下半身の筋力ですが、一般的に互換されがちなのが膝関節の屈伸に関わる大腿部の筋肉が最重要であるとする考え方です。

実際には、それ以上に脚自体を屈伸および開閉させる股関節周辺のインナーマッスルです。

具体的には、股関節を屈曲させる腸腰筋群、股関節を伸展させる臀筋、股関節を内転させる(閉じる)内転筋群です。

そして、その次に重要となるのが膝関節屈曲作用を持つハムストリングスと膝関節伸展作用を持つ大腿四頭筋です。

上半身に目を向けると、各泳法の手を漕ぐ動作に共通して重要となるのが「腕を後ろに引く」作用のある背筋群で、なかでも腕を開いた状態で作用する広背筋が重要となります。

股関節を屈曲させる(脚を前に上げる)筋肉

Iliopsoas-300x259.jpeg

脚自体を前に持ち上げる(屈曲させる)動作の主となる筋肉が、股関節インナーマッスルである腸腰筋群(Iliopsoas)です。

腸腰筋群は大腰筋・小腰筋・腸骨筋の三つの筋肉から構成され、股関節の屈曲(脚を上げる)作用があります。また、股関節の外旋にもわずかながら関与しています。

腸腰筋(ちょうようきん)は腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群の総称。腸骨筋と大腰筋が関連している。内臓と脊椎の間にあり、深部腹筋群とも総称され見えない筋肉の一つ。主に股関節を屈曲させる働きをする。

脊柱を前屈させる筋でもあるため「深腹筋」と呼ばれることもあり(とくにスポーツ選手やトレーナの間でよく用いられる)運動に非常に重要な働きをしている。

引用:Wikipedia「腸腰筋」

前述のとおり、腸腰筋群は股関節屈曲(脚を上げる)の作用があるため、この能力が要求されるスポーツでは非常に重要なインナーマッスルです。また、日常での歩行能力にも大きく関わるので、そのトレーニングは健康作り運動としても盛んです。

具体的には、レッグレイズ系の足上げ運動種目で鍛えられます。

また腸腰筋群は、股関節伸展を作用とするハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)の拮抗筋にあたるため、フロントランジ系トレーニングやブルガリアンスクワットなど、ハムストリングストレーニング種目におけるネガティブ動作(負荷に耐えながらしゃがむ動き)のなかでも鍛えることが可能です。

▼男性向きのトレーニング(動画つき解説)

レッグレイズ

チューブレッグレイズ

ダンベルレッグレイズ

ブルガリアンスクワット

ダンベルフロントランジ

バーベルフロントランジ

スポンサーリンク

股関節を伸展させる(脚を後ろに上げる)筋肉

脚を後ろに上げる(股関節を伸展させる)作用を持つのが、臀筋(Gluteal muscles)です。

臀筋は、主に大臀筋・中臀筋・小臀筋の三層構造から構成されており、これに腸骨に接合する大腿筋膜張筋を加えた4つの筋肉を総称したものです。

それぞれの筋肉の持つ作用は以下のとおりです。

大臀筋:股関節伸展・股関節外旋・股関節外転・股関節内転

中臀筋:股関節外転・股関節内旋・股関節外旋

小臀筋:股関節外転・股関節内旋・股関節外旋

大腿筋膜張筋:股関節屈曲・膝関節伸展

臀筋(でんきん)とは、臀部に存在する筋肉の総称である。

構成する筋肉

大臀筋
中臀筋
小臀筋
大腿筋膜張筋

引用:Wikipedia「臀筋」

臀筋のトレーニングは、主に最大の体積を持つ表層筋である大臀筋に対して実施され、股関節伸展(脚を後方に上げる)の動作をともなうトレーニング種目で鍛えられます。

臀筋が関与するトレーニング種目は以下の通りです。

▼動画つき解説

バッグレッグリフト

ブルガリアンスクワット

チューブバックレッグリフト

ダンベルフロントランジ

マシンレッグカール

mediaandwomen.orgより

股関節を内転させる(脚を閉じる)筋肉

内転筋群(Adductors muscles)は大内転筋・長内転筋・短内転筋・薄筋・恥骨筋の5つの筋肉から構成されており、なかでも筋力の強い大内転筋が主なトレーニング対象となります。

長内転筋は大腿部を内転させる作用と股関節を屈曲させる作用を併せ持っています。

短内転筋は、股関節の内転と股関節屈曲の補助をする作用があります。

大内転筋は股関節を内転させる作用があります。

引用:sfphes「体幹インナーマッスル図鑑」

大内転筋は股関節内転(脚を閉じる動き)の作用を主としながら、股関節屈曲にも関わり、腸腰筋群と共働関係にあります。

大内転筋(だいないてんきん、adductor magnus muscle)は人間の恥骨の筋肉で股関節の内転、屈曲を行う。

引用:Wikipedia「大内転筋」

内転筋群は脚を閉じる(内転動作)を含むワイドスクワット系種目、サイドランジ系種目、アダクション系種目で鍛えられます。

トレーニング方法としては大きく分けて二通りあり、大きく股関節を開いて動作をするワイドスタンススクワットや四股、もう一つは脚を閉じる運動があり、アダクション等を使用する。

引用:Wikipedia「大内転筋」

内転筋群の動画つきトレーニング解説は下記のリンク先をご参照ください。

▼男性向きのトレーニング(動画つき解説)

サイドランジ

ダンベルサイドランジ

マシンアダクション

バーベルサイドランジ

ハムストリングスの鍛え方

ハムストリングスは大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3つの筋肉から構成される筋肉群で、膝関節屈曲の作用を持ちます。また、股関節伸展においても、臀筋と協働して作用するため、走るための大腿部の筋肉としては大腿四頭筋よりも重要視されています。

ハムストリングスが関与するトレーニング種目は以下の通りです。

▼動画つき解説

ブルガリアンスクワット

チューブスティッフレッグドデッドリフト
チューブレッグカール

ダンベルフロントランジ
ダンベルスティッフレッグドデッドリフト
ダンベルレッグカール

マシンレッグカール

バーベルフロントランジ
バーベルスティッフレッグドデッドリフト

sfphes.orgより

大腿四頭筋の鍛え方

大腿四頭筋は大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋から構成され、膝関節伸展の作用を持ちます。

大腿四頭筋を鍛えるためのトレーニング種目は以下の通りです。

▼動画つき解説

自重スクワット
ブルガリアンスクワット
シシースクワット

チューブスクワット
チューブレッグプレス

ダンベルスクワット
ダンベルフロントランジ
ダンベルレッグエクステンション

マシンレッグプレス
ハックスクワット
スミスマシンスクワット
マシンレッグエクステンション

バーベルスクワット
バーベルフロントランジ

sfphes.orgより

広背筋の鍛え方

広背筋は背面側部に広がる大きな筋肉で、上腕を上や前から引き寄せる作用があります。僧帽筋や脊柱起立筋と協働関係にあります。

また、協働する深層筋として大円筋などがあります。

なお、広背筋および協働する背筋群のトレーニング種目には以下のようなものがあります。

▼動画つき解説

懸垂
斜め懸垂
バックエクステンション
チューブデッドリフト
チューブラットプル
チューブローイング
チューブワンハンドローイング
チューブリバースフライ
チューブショルダーシュラッグ
チューブバックエクステンション
チューブグッドモーニング
ダンベルローイング
ワンハンドローイング
ダンベルショルダーシュラッグ
ダンベルデッドリフト
ダンベルプルオーバー
ダンベルリバースフライ
ダンベルグッドモーニング
バーベルデッドリフト
バーベルプルオーバー
ベントオーバーロー
ショルダーシュラッグ
バーベルグッドモーニング
ケーブルラットプルダウン
ケーブルローイング
スミスマシンデッドリフト
T-バーローイング

bukiya.netより

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る



IPF公認トレーニングギア


海外輸入トレーニング用品


ヨーロッパ発世界ブランド

-------
NO IMAGE