肩甲下筋の構造・作用と鍛え方(筋力トレーニング)

Subscapularis muscle frontal.png

肩甲下筋(Subscapularis muscle|けんこうかきん)の構造・作用およびトレーニング方法について解説します。

【2020年4月更新】

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

肩甲下筋の構造と作用

肩甲下筋は肩甲骨周辺の筋肉である回旋筋腱板(ローテーターカフ)を構成する筋肉の一つで、肩関節を内旋・水平屈曲させる作用を持っています。

ローテーターカフのうち、棘上筋・棘下筋・小円筋が肩甲骨背面側にあるのに対し、肩甲下筋は肩甲骨前面に位置し、棘上筋・棘下筋・小円筋に拮抗的に働きます。

肩甲下筋(けんこうかきん)は、上肢帯の筋である。作用は、肩関節の内旋・水平屈曲。多少内転する。棘上筋、棘下筋、小円筋と共に回旋筋腱板(ローテーターカフ)を形成している。

引用:Wikipedia「肩甲下筋」

▼関連記事

回旋筋腱板(ローテーターカフ)の構造と作用

肩甲下筋の鍛え方

肩甲下筋はトレーニングチューブやダンベルを用いたインターナルローテーション系のトレーニングで鍛えることができます。

スポンサーリンク

肩甲下筋が関与するトレーニング種目

肩甲下筋が関与するトレーニング種目は以下の通りです。

▼動画つき解説

ローテーターカフの鍛え方

sfphes.orgより

肩関節の構造と周辺の筋肉

狭義の肩関節(第一肩関節・第二肩関節)を構成する骨

一般的に肩関節と言えば、肩甲骨と上腕骨の接合部分である第一肩関節(肩甲上腕関節)のことを指し、これに加えて肩峰~烏口突起間にある烏口肩峰靭帯と上腕骨の間隙である第二肩関節を含める場合もあります。

肩関節(けんかんせつ)は、肩にある関節。一般的には肩甲上腕関節(第一肩関節)の事を指し(肩甲骨と上腕骨をつなぐ間の部分で、肩甲骨の関節窩と上腕骨頭で形成された関節部分)、これを狭義の肩関節という。

引用:Wikipedia「肩関節」

広義の肩関節(肩甲胸郭関節・肩鎖関節・胸鎖関節)を構成する骨

このほかに、広義の肩関節に含められるものには、胸骨と鎖骨の接合部分である胸鎖関節、肩甲骨と鎖骨の接合部分である肩鎖関節、胸郭と肩甲骨の間隙である肩甲胸郭関節があります。

広義の肩関節は、肩甲骨、上腕骨、鎖骨、胸骨、胸郭に関連する5つの関節(文献によっては、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節の3つの場合もある)で構成されており、肩複合体と呼ばれることもある。

引用:Wikipedia「肩関節」

肩関節を構成する筋肉と周辺の筋肉

肩関節を構成する筋肉には、ローテーターカフ(回旋筋腱板|棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)・大円筋・鎖骨下筋・烏口腕筋などがあります。また、周辺の筋肉として三角筋・肩甲挙筋・板状筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋があります。

肩関節を構成する筋肉と周辺の筋肉の鍛え方

ローテーターカフの作用と鍛え方

棘上筋の作用と鍛え方

棘下筋の作用と鍛え方

小円筋の作用と鍛え方

肩甲下筋の作用と鍛え方

鎖骨下筋の作用と鍛え方

大円筋の作用と鍛え方

板状筋の作用と鍛え方

肩甲挙筋の作用と鍛え方

烏口腕筋の作用と鍛え方

三角筋の作用と鍛え方

上腕二頭筋・三頭筋の作用と鍛え方

関連記事

体幹インナーマッスル図鑑

Rectus_femoris-horz-crop.jpg

インナーマッスルの名称・作用と体幹トレーニングの実施方法については下記の記事をご参照ください。

体幹インナーマッスルの名前と作用

筋肉の名称と作用の図鑑

アウターマッスルの主な筋肉の名称・作用および筋力トレーニングの実施方法については、下記の記事をご参照ください。

筋肉の種類・名称と作用|部位ごとの鍛え方

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る



IPF公認トレーニングギア


海外輸入トレーニング用品

-------
NO IMAGE