板状筋の構造・作用と鍛え方(筋力トレーニング)

ファイル:Splenius cervicis muscle back.png

板状筋(Splenius muscle|ばんじょうきん)の構造・作用およびトレーニング方法について解説します。

【2020年2月更新】

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

板状筋の構造と作用

板状筋は頚骨から後頭骨にかけて位置する筋肉で、頭板状筋と頸板状筋に部位分けされます。首の回転および顔を上方へ上げる作用があります。

板状筋(ばんじょうきん)は、長背筋のうち、後頸の深層に位置する筋肉である。頭板状筋と頸板状筋の2部に分けられる。頸椎および胸椎の棘突起を起始とし、外側上方に向かって走り、側頭骨乳様突起、後頭骨および頸椎に付着する。

片側が作用すると、その方向に首が回転し、両側が作用すると顔が上に向く。

引用:Wikipedia「板状筋」

板状筋の鍛え方

画像引用:https://rehatora.net/頭板状筋

板状筋は頭にタオルをかけ、タオルの両端を手で保持して下方にテンションをかけた状態で顔を上げる動作のトレーニングで鍛えることが可能です。

このほかにも、顔を上方に上げる動作をともなうバックエクステンションやグッドモーニング系種目でも刺激を加えることが可能です。

スポンサーリンク

板状筋が関与するトレーニング種目

板状筋が関与するトレーニング種目は以下の通りです。

▼動画つき解説

バックエクステンション

チューブグッドモーニング

ダンベルグッドモーニング

バーベルグッドモーニング

bukiya.netより

肩関節の構造と周辺の筋肉

狭義の肩関節(第一肩関節・第二肩関節)を構成する骨

一般的に肩関節と言えば、肩甲骨と上腕骨の接合部分である第一肩関節(肩甲上腕関節)のことを指し、これに加えて肩峰~烏口突起間にある烏口肩峰靭帯と上腕骨の間隙である第二肩関節を含める場合もあります。

肩関節(けんかんせつ)は、肩にある関節。一般的には肩甲上腕関節(第一肩関節)の事を指し(肩甲骨と上腕骨をつなぐ間の部分で、肩甲骨の関節窩と上腕骨頭で形成された関節部分)、これを狭義の肩関節という。

引用:Wikipedia「肩関節」

広義の肩関節(肩甲胸郭関節・肩鎖関節・胸鎖関節)を構成する骨

このほかに、広義の肩関節に含められるものには、胸骨と鎖骨の接合部分である胸鎖関節、肩甲骨と鎖骨の接合部分である肩鎖関節、胸郭と肩甲骨の間隙である肩甲胸郭関節があります。

広義の肩関節は、肩甲骨、上腕骨、鎖骨、胸骨、胸郭に関連する5つの関節(文献によっては、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節の3つの場合もある)で構成されており、肩複合体と呼ばれることもある。

引用:Wikipedia「肩関節」

肩関節を構成する筋肉と周辺の筋肉

肩関節を構成する筋肉には、ローテーターカフ(回旋筋腱板|棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)・大円筋・鎖骨下筋・烏口腕筋などがあります。また、周辺の筋肉として三角筋・肩甲挙筋・板状筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋があります。

肩関節を構成する筋肉と周辺の筋肉の鍛え方

ローテーターカフの作用と鍛え方

棘上筋の作用と鍛え方

棘下筋の作用と鍛え方

小円筋の作用と鍛え方

肩甲下筋の作用と鍛え方

鎖骨下筋の作用と鍛え方

大円筋の作用と鍛え方

板状筋の作用と鍛え方

肩甲挙筋の作用と鍛え方

烏口腕筋の作用と鍛え方

三角筋の作用と鍛え方

上腕二頭筋・三頭筋の作用と鍛え方

関連記事

体幹インナーマッスル図鑑

Rectus_femoris-horz-crop.jpg

インナーマッスルの名称・作用と体幹トレーニングの実施方法については下記の記事をご参照ください。

体幹インナーマッスルの名前と作用

筋肉の名称と作用の図鑑

アウターマッスルの主な筋肉の名称・作用および筋力トレーニングの実施方法については、下記の記事をご参照ください。

筋肉の種類・名称と作用|部位ごとの鍛え方

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る

-------






NO IMAGE