筋力トレーニングと動作速度

【2020年6月更新】

筋力トレーニングにおいて、その目的別(筋力向上・筋肥大)に適切な挙上動作速度について解説します。

まずは、筋繊維の種類と特徴について解説します。

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

筋繊維の種類と特徴

筋力トレーニングの対象となる骨格筋は、筋繊維が束状になって構成されていますが、その筋繊維には大きく「遅筋」と「速筋」があり、速筋は「筋繊維タイプ2a」と「筋繊維タイプ2b」に分けられます。それぞれの特性と筋力トレーニングでの負荷設定は以下の通りです。

遅筋(筋繊維タイプ1)

持久的な運動において持続的な遅い収縮(Slow)をし、酸素(Oxygen)を消費することからSO筋とも別称されます。レジスタンストレーニングで鍛えてもほとんど筋肥大しません。陸上競技で例えるなら、長距離走に必要な筋肉です。

筋力トレーニングでは20レップス以上の反復回数で挙上限界がくるような、低負荷設定で鍛えます。

速筋(筋繊維タイプ2a)

持久要素のある瞬発的な動作において速い収縮(Fast)をし、酸素(Oxygen)を消費することからFO筋とも別称されます。レジスタンストレーニングで鍛えると筋肥大します。陸上競技で例えるなら、400~800m走に必要な筋肉です。

筋力トレーニングでは12~15レップスの反復回数で挙上限界がくるような、中負荷設定で鍛えます。

速筋(筋繊維タイプ2b)

瞬発的な運動において爆発的な速い収縮(Fast)をし、グリコーゲン(Glycogen)を消費することからFG筋とも別称されます。レジスタンストレーニングで鍛えると強く筋肥大します。陸上競技で例えるなら、100~200m走に必要な筋肉です。

筋力トレーニングでは6~10レップスの反復回数で挙上限界がくるような、高負荷設定で鍛えます。

厚生労働省による筋繊維に関する記載

骨格筋を構成している筋繊維には大きく分けて速筋と遅筋の2種類があります。速筋は白っぽいため白筋とも呼ばれます。収縮スピードが速く、瞬間的に大きな力を出すことができますが、長時間収縮を維持することができず張力が低下してしまいます。遅筋は赤みがかった色から赤筋とも呼ばれます。収縮のスピードは比較的遅く、大きな力を出すことはできませんが、疲れにくく長時間にわたって一定の張力を維持することができます。

引用:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-026.html

筋力向上には6レップセット・筋肥大には10~15レップセット

以上のことから、筋力向上には筋繊維タイプ2bをターゲットにした瞬発的な挙上動作(高負荷低レップ)、筋肥大には筋繊維タイプ2a~筋繊維タイプ2bを広くターゲットにした比較的ゆっくりとした挙上動作(中負荷中レップ)が適正であると言えます。

筋力向上とコンセントリック収縮

bodybuilder-646495_960_720_20161028061859c3a.jpg

筋力向上目的のトレーニングにおける「速度の速い挙上動作」は、筋肉が収縮する方向に力を加える収縮動作で、コンセントリック収縮(短縮性収縮)と呼ばれています。ウエイトトレーニングにおいては軽視されがちなコンセントリック収縮ですが、実はさまざまなメリットがあります。

▼参照記事

コンセントリック収縮の特徴と実施方法

スポンサーリンク

スロートレーニングの有効性

筋肥大トレーニングにおいては、比較的挙上動作速度の遅い「スロートレーニング」が有効ですが、このことは厚生労働省の公式見解としても言及・記載されています。

厚生労働省によるスロートレーニングに関する記載

スロートレーニングとは、筋肉の発揮張力を維持しながらゆっくりと動作するレジスタンス運動のひとつの方法です。 比較的軽めの負荷であっても、ゆっくりと動作することで大きな筋肥大・筋力増強効果を得ることができます。 関節や筋肉にかかる負荷が小さいことから、安全に行える効果的なレジスタンス運動として期待されています。

引用:厚生労働省eヘルスネット「スロートレーニング」

また、スロートレーニングに関して、Wikipediaでは以下のように記載されています。

スロートレーニングはウエイトトレーニング方法の一種。「スロトレ」とも呼ばれる。ゆっくりとした動作で筋肉に負荷をかける。例えば5kgのダンベルを2秒で上げ、10秒かけながらゆっくり下ろすなどの動作になる。

スロートレーニングは最初に遅筋を動員し、次いで中間筋、そして速筋のパワーを引き出す動作になっている。つまりこの動作によりすべての筋肉をバランスよく鍛えることができる。素早い動作のウエイトでは速筋のみが鍛えられるが他の筋肉の鍛錬が十分になされないため動作が逆に鈍くなることがある。

引用:Wikipedia「スロートレーニング」

ネガティブ動作について

fc2blog_20161015112247d71.jpg

筋肥大目的のウエイトトレーニングにおいて重要視されているのが、ウエイト負荷に耐えながらゆっくりと元に戻る動作=ネガティブトレーニングです。

このように、筋繊維の収縮を保ちながら、その収縮方向と逆に負荷をかける収縮方法をエキセントリック収縮(伸張性収縮)と言います。

エキセントリック収縮は経験則として筋肉痛を引き起こすことが知られており、このことからボディメイクやボディビルディングのトレーニングでは盛んに行われています。

▼参照記事

エキセントリック収縮の特徴と実施方法

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る



IPF公認トレーニングギア


海外輸入トレーニング用品

-------
NO IMAGE