パワーグリップおよびリストストラップに関する基礎知識

プル系のトレーニングに有効なパワーグリップ・リストストラップ・エイトストラップの種類と使い方を解説します。

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

リストストラップとは

リストストラップとはプル系トレーニングにおいて、握力低下によるバーベルシャフト・ダンベルシャフト・マシンバーなどをグリップできなくなる状態を補助するトレーニングギアです。

リストストラップの使い方

まずはリストストラップを手首に通し、外側から内側に向けてシャフトやバーに巻きつけます。そして、何度か手のひらのなかで回して締めつけてセットします。

とても強い保持力がある反面、グリップをセットするのに時間がかかるのがデメリットです。

パワーグリップとは

パワーグリップとはリストストラップのデメリットであるグリップセット時間を大幅に短縮した補助ギアです。ただし、リストストラップに比べると若干保持力は劣ります。

パワーグリップの使い方

まずは、手の平とパワーグリップでシャフト(またはバー)を挟むように構えます。

パワーグリップを外側から内側に向けて巻きつけます。

手の平のなかで回すようにして締めつけてグリップを決めます。

女性のマシントレーニングでもパワーグリップは有効で、特に握力が弱く十分に背中を追い込めないケースに有効です。

使い方は、バーベルシャフトにグリップセットする場合と同様です。

スポンサーリンク

エイトストラップとは

近年、使用者が増加しているのがリストストラップの強いグリップ補助力に巻きやすさを組み込んだ「エイトストラップ」で、従来のリストストラップのデメリットである「セットに時間がかかる」ことを大幅に短縮しています。

下記の記事では、パワーグリップ・リストストラップ・エイトストラップに関して動画をまじえて詳しく解説しています。

パワーグリップ・リストストラップ・エイトストラップの種類と使い方

パワーグリップやリストストラップが有効な種目

パワーグリップやリストストラップ(エイトストラップ)は、主にプル系トレーニング、つまり背中や上腕二頭筋のトレーニングに有効で、具体的には下記のような種目で使用されます。

自重トレーニング

懸垂
斜め懸垂

逆手懸垂

ダンベルトレーニング

ダンベルローイング
ダンベルショルダーシュラッグ
ダンベルデッドリフト

ダンベルカール
ダンベルハンマーカール
ダンベルサイドカール
ダンベルインクラインカール
ダンベルコンセントレーションカール
ダンベルドラッグカール

マシントレーニング

Tバーローイング
スミスマシンデッドリフト
ラットマシンプルダウン
ケーブルローイング
ケーブルショルダーシュラッグ

ケーブルカール

バーベルトレーニング

バーベルデッドリフト
バーベルベントオーバーロー
バーベルショルダーシュラッグ

バーベルカール
バーベルドラッグカール

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る

-------






NO IMAGE