ドーピング検査

日本パワーリフティング協会(JPA)では、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)のかかげるPLAY TRUEのスローガンのもと、競技会においてドーピング検査を実施しています。

kodama

ドーピング検査は、競技会の順位に基づきランダムで決定されます。必ずしも1位の選手が検査を受けるわけではありません。検査の通告にはJPAよりNFレップが派遣され、検査員の通告の補助を行っています。検査通告を受けた選手は、本人確認の上、検査に関する説明を受け、「通告書」に署名をし、検査室へ移動します。

kodama

検査室では、書類の記入、検体封印作業が行われます。

 

NO IMAGE