トレーニングマシン【器具解説】自宅用筋トレマシーンの種類と特徴

【2020年8月更新】

自宅に設置できるタイプのトレーニングマシン(家庭用筋トレマシーン)の種類と特徴について解説します。

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

マルチマシンタイプ


画像引用:Amazon

ピン式でワンタッチでウエイト変更が可能で、フライマシン・ラットマシン・レッグエクステンションなど、上半身の押す筋肉・上半身の引く筋肉・下半身の筋肉をまんべんなく刺激できるタイプです。

あまり高負荷トレーニングには向かず、ダイエット系トレーニングや運動不足解消トレーニングに適しています。

フリーウエイトタイプ


画像引用:Amazon

フリーウエイト(バーベル)を主体としたタイプで、ケーブルマシンつきパワーラックにマルチベンチが組み合わせれたものです。ウエイト設定はバーベルプレートを流用します。

マルチマシンくらべ、より高負荷で本格的なトレーニングを実施するのに適しています。

ただし、高重量トレーニングでは耐加重性能が要求されますので、カタログペックなどを参照して、自身の使用状況に応じたものを選定することが大切です。

スポンサーリンク

フリーウエイトラック

普段、ジムに通って筋肥大・筋力強化レベルのトレーニングを行っている人にとっては、簡易的なタイプでは強度が不十分となりますので、バーベルセットとラック類が必須となります。

これらについては、専門メーカーのページをご参照ください。

ONI(武器屋.net)|フリーウエイト器具ページ

バーベルトレーニング種目

バーベルベンチプレス

バーベルワイドグリップベンチプレス

バーベルインクラインベンチプレス

バーベルデクラインベンチプレス

バーベルリバースグリップベンチプレス

バーベルプルオーバー

バーベルデッドリフト

バーベルベントオーバーローイング

バーベルショルダーシュラッグ

バーベルグッドモーニング

バーベルショルダープレス

バーベルアップライトロウ

バーベルフロントレイズ

バーベルフェイスプル

バーベルナローベンチプレス

バーベルフレンチプレス

バーベルカール

バーベルスクワット

バーベルワイドスクワット

バーベルフロントランジ

バーベルサイドランジ

バーベルハックスクワット

バーベルフロントスクワット

バーベルスティッフレッグドデッドリフト

ケーブルマシン


画像引用:Amazon

より本格的なケーブルマシントレーニングを実施するのであれば、マルチタイプではなく単機能のケーブルマシンがコスト対耐加重に優れている傾向があります。

ケーブルマシントレーニングの実施方法

ケーブルマシントレーニング種目

ケーブルフライ

ケーブルローイング

ラットプルダウン

ケーブルアップライトロウ

ケーブルフロントレイズ

ケーブルサイドレイズ

ケーブルリアラテラルレイズ

ケーブルフェイスプル

ケーブルプレスダウン

ケーブルキックバック

ケーブルカール

ケーブルクランチ

スミスマシン


画像引用:Amazon

自宅で安全に、フリーウエイトトレーニングに準じた高負荷トレーニングを追いなうのに適しているのがスミスマシンです。

スミスマシントレーニングの実施方法

スミスマシントレーニング種目

スミスマシンベンチプレス

スミスマシンデッドリフト

スミスマシングッドモーニング

スミスマシンショルダープレス

スミスマシンアップライトロウ

スミスマシンナローベンチプレス

スミスマシンスクワット

器具解説記事

プッシュアップバーの器具開設

チンニングラックの器具解説

腹筋ローラーの器具解説

トレーニングチューブの器具解説

ダンベル各種の器具解説

自宅用マシンの器具解説

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る



IPF公認トレーニングギア


海外輸入トレーニング用品

-------
NO IMAGE