「コラム記事2」三角筋が筋肥大しない原因

【2020年8月更新】

三角筋は筋肥大させるのが比較的難しい筋肉として知られていますが、その原因の一つとして少なからずあるのが「トレーニングのやりすぎ」に起因するものです。

その理由と対処法について解説します。

本記事は、公益社団法人JPA日本パワーリフティング協会によるトレーニング情報記事です。

スポンサーリンク

三角筋の構造と作用

三角筋は前部・中部・後部に分けられ、全てが共働して腕を上方に押し上げる作用を持ちます。また、各部位の作用は以下の通りです。

三角筋前部:腕を前に上げる

三角筋中部:腕を横に上げる

三角筋後部:腕を後ろに上げる

三角筋の肩甲棘部は肩甲棘から、肩峰部は肩峰から、鎖骨部は鎖骨の外側部の1/3からそれぞれ起始し肩関節を覆う様に外下方へと走り上腕骨三角筋粗面に停止する。運動は肩関節を支点にして肩甲棘部が上腕を伸展・内転・外旋させ、肩峰部が上腕を外転させ、鎖骨部が上腕を屈曲・内転・内旋させる。

腕立て伏せやベンチプレスなどを行なうことでも充分に鍛えられる筋肉だが、専門的な筋力トレーニングを必要とするのであればフロント・レイズ、サイド・レイズなどのレイズ系の種目、もしくはショルダー・プレスなどが有効。

引用:Wikipedia「三角筋」

肩関節の構造と周辺の筋肉

三角筋は肩関節を覆うように位置する筋肉で、肩関節を動かす動作のトレーニングでは、ほぼ間違いなく関与しています。

まずは、肩関節の構造と関与する筋肉について解説します。

狭義の肩関節(第一肩関節・第二肩関節)を構成する骨

一般的に肩関節と言えば、肩甲骨と上腕骨の接合部分である第一肩関節(肩甲上腕関節)のことを指し、これに加えて肩峰~烏口突起間にある烏口肩峰靭帯と上腕骨の間隙である第二肩関節を含める場合もあります。

肩関節(けんかんせつ)は、肩にある関節。一般的には肩甲上腕関節(第一肩関節)の事を指し(肩甲骨と上腕骨をつなぐ間の部分で、肩甲骨の関節窩と上腕骨頭で形成された関節部分)、これを狭義の肩関節という。

引用:Wikipedia「肩関節」

広義の肩関節(肩甲胸郭関節・肩鎖関節・胸鎖関節)を構成する骨

このほかに、広義の肩関節に含められるものには、胸骨と鎖骨の接合部分である胸鎖関節、肩甲骨と鎖骨の接合部分である肩鎖関節、胸郭と肩甲骨の間隙である肩甲胸郭関節があります。

広義の肩関節は、肩甲骨、上腕骨、鎖骨、胸骨、胸郭に関連する5つの関節(文献によっては、肩甲上腕関節・肩鎖関節・胸鎖関節の3つの場合もある)で構成されており、肩複合体と呼ばれることもある。

引用:Wikipedia「肩関節」

肩関節を構成する筋肉と周辺の筋肉

肩関節を構成する筋肉には、ローテーターカフ(回旋筋腱板|棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)・大円筋・鎖骨下筋・烏口腕筋などがあります。また、周辺の筋肉として三角筋・肩甲挙筋・板状筋・上腕三頭筋・上腕二頭筋があります。

肩関節を構成する筋肉と周辺の筋肉の鍛え方

ローテーターカフの作用と鍛え方

棘上筋の作用と鍛え方

棘下筋の作用と鍛え方

小円筋の作用と鍛え方

肩甲下筋の作用と鍛え方

鎖骨下筋の作用と鍛え方

大円筋の作用と鍛え方

板状筋の作用と鍛え方

肩甲挙筋の作用と鍛え方

烏口腕筋の作用と鍛え方

三角筋の作用と鍛え方

上腕二頭筋・三頭筋の作用と鍛え方

三角筋が協働する筋肉

このように、三角筋は非常に多くの筋肉と協働しています。大きな筋肉だけで言えば、大胸筋・上腕三頭筋と三角筋前部・中部が、広背筋・僧帽筋と三角筋後部が協働します。

スポンサーリンク

三角筋が筋肥大しない理由

オーバーワークになっている可能性

これまで解説してきたように、三角筋は非常に多くの筋肉と協働します。上半身の押す動作のトレーニング、上半身の引く動作のトレーニングの大半で関与・収縮していると言えます。

このため、まだ身体のできていないトレーニング初心者が大胸筋や背筋群などの大きな筋肉のトレーニングに追加して「三角筋のトレーニング種目」を実施すると、三角筋がオーバーワーク状態になってしまいます。

三角筋が筋肥大しない場合の対処法

三角筋がうまく筋肥大・発達しないという場合には、大胸筋や背筋群の高負荷多関節運動(コンパウンド種目)のなかで三角筋を鍛え、無理に三角筋のみのトレーニングを行わない、というのが対処法の一つとして有効です。

▼関連記事

高負荷トレーニングの実施方法

コンパウンド種目(多関節運動)とは?

筋トレコラム記事一覧

筋トレコラム記事の一覧はこちら

スポンサーリンク

筋力トレーニング情報ページ

筋力トレーニング情報トップページへ戻る

筋力トレーニング基本用語集ページへ戻る

筋力トレーニング種目の一覧ページへ戻る



IPF公認トレーニングギア


海外輸入トレーニング用品

-------
NO IMAGE