Japan Powerlifting Association

パワーリフティングとは

  • HOME »
  • パワーリフティングとは

パワーリフティングとは

パワーリフティングはバーベルを肩に担ぎ屈伸を行う「スクワット」、ベンチ台の上に横になりバーベルを胸につけて挙上する「ベンチプレス」、床に置いてあるバーベルを引き上げる「デッドリフト」の3種目で合計挙上重量を競うスポーツです。

大会では、1種目につき3回の試技が認められ審判員3人のうち2人以上が成功と認めた場合、試技は成功となる。3種目それぞれの成功試技の最大重量を合計し競うものである。

なお、大会では選手は体重カテゴリー、年齢カテゴリーで分けられる。各カテゴリーの詳細は下記を参照してください。

3種目の合計重量が同じ場合は、体重が軽い選手が勝利となる。(記録、体重が同じ場合は先に記録を出した選手が勝利となる)

スクワット、ベンチプレス、デッドリフト

ウエイトトレーニングの基本的種目で比較的高重量を扱うことができることから「ビッグスリー」といわれることもあります。また、アスリートのトレーニングに取り入れられていることも多く競技としての潜在選手は多いものと思われる。

なお、「ベンチプレス」のみで行うシングルベンチの大会も開催されています。

カテゴリー

パワーリフティングは体重別、年齢別でカテゴリー分けされており具体的には以下の通りとなります。

年齢カテゴリー

シニア以外のカテゴリーはカレンダーイヤーにて年齢カテゴリーを決定する。
・シニア   :満14歳以上
・サブジュニア:満14歳~18歳
・ジュニア  :19歳~23歳
・マスターズⅠ:40歳~49歳
・マスターズⅡ:50歳~59歳
・マスターズⅢ:60歳~69歳
・マスターズⅣ:70歳以上
・一般    :オープン

※その他
高校生や大学生のカテゴリもあります。

体重カテゴリー

○男子
・59kg級  :~59.00kgまで
・66kg級  :59.01kg~66.00kg
・74kg級  :66.01kg~74.00kg
・83kg級  :74.01kg~83.00kg
・93kg級  :83.01kg~93.00kg
・105kg級  :93.01kg~105.00kg
・120kg級  :105.01kg~120.00kg
・+120kg級 :120kg以上

※サブジュニア、ジュニアは53kg級を加える
・53kg級  :~53.00kgまで
・59kg級  :53.01kg~59.00kgまで

○女子
・47kg級  :~47.00kgまで
・52kg級  :47.01kg~52.00kg
・57kg級  :52.01kg~57.00kg
・63kg級  :57.01kg~63.00kg
・72kg級  :63.01kg~72.00kg
・84kg級  :72.01kg~84.00kg
・+84kg級  :84kg以上

※サブジュニア、ジュニアは43kg級を加える
・43kg級  :~43.00kgまで
・47kg級  :43.01kg~47.00kgまで

なお、大会の規模によってはカテゴリを省略することがあります。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.