Japan Powerlifting Association

アンチ・ドーピングへの取組み

  • HOME »
  • アンチ・ドーピングへの取組み

日本パワーリフティング協会のアンチ・ドーピングへの取組み

現在、日本パワーリフティング協会が取組んでいるアンチ・ドーピングについて記載しています。

2015年11月12日
西村義人選手のアンチ・ドーピング規則違反について4年間の資格停止処分が決定
2015年12月05日
理事会にて再発防止を協議
2015年12月09日
不服申し立て期間を経て規律パネルに公開される。同日、報道機関へのプレスリリースと関係者各位宛に会長の声明文を出しました
2015年12月10日
関係各所に事情説明
2015年12月11日
西村選手ドーピング問題のJPA処分通知
2016年01月07日
小谷紀明選手のアンチ・ドーピング規律違反について4年間の資格停止処分が決定
2016年01月14日
JPAよりドーピング防止策をJOCに提出
2016年01月21日
緊急理事会を開催
2016年01月23日
埼玉県パワーリフティング協会と対策を協議
2016年02月01日
関係各所に事情説明
2016年02月02日
不服申し立て期間を経て規律パネル公開に併せて報道機関にプレスリリースと関係各位宛に会長の声明文を出しました
2016年02月09日
小谷選手ドーピング問題のJPA処分通知
2016年02月29日
ドーピング規則違反の不祥事に関する引責により、中村一生副会長が退任しました。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.