中村一生副会長が文部科学大臣表彰を受賞しました

◎15/10/09 表彰式尾山さんと
20160105_01

昨年秋、平成27年度の生涯スポーツ功労者として文部科学大臣表彰の受賞者が発表され、全国で158名の個人が対象となりました。

その一人として、10月9日(金)、文部科学省で行われた表彰式に出席してきました。

表彰式には、同じく大臣表彰を受けられた石川県パワーリフティング協会副理事長の尾山登志子さんも同席されました。

表彰式は、今回の内閣改造で新たに文部科学大臣となった馳浩先生(富山県小矢部市出身、石川県選挙区)が都合により欠席となり、代わってスポーツ庁の初代長官鈴木大地氏が登壇して挨拶をされました。記念撮影も鈴木長官と一緒でした。

パワーリフティングに関わって昨年はちょうど40年。節目の年のうれしい出来事でした。
昭和50年に選手として地元のパワー大会に初めて参加したものの、ケガで競技をあきらめてから、もっぱら世話方、裏方に徹してきました。

昭和58年に高岡市パワーリフティング協会の設立に携わり、平成3年から平成25年まで富山県協会の理事長を務め、又、平成15年からJPAの理事となって、現在は副会長職を担当しております。何が評価されたか分かりませんが、「継続は力なり」の故だろうかと思っております。

これまで、以下のような賞をいただいておりますが、この度の大臣表彰は誠にうれしく思っております。今後も引き続き、この競技の普及と発展に微力ながら尽してまいりたいと存じます。

★平成 5年 4月 高岡市体育協会「体育功労賞」受賞
★平成17年 3月 富山県体育協会「特別表彰」受賞
★平成17年 9月 高岡市教育委員会「特別表彰」受賞
★平成23年 7月 公益財団法人日本体育協会「功労者表彰」受賞
★平成23年11月 社団法人日本パワーリフティング協会「功労賞」受賞
★平成25年11月 富山県教育委員会「スポーツ功労賞」受賞

◎鹿熊先生宅で賞状披露
20160105_02

◎鹿熊前会長と
20160105_03

 

寄稿:中村副会長

フォローお願いします!