【アーカイブ用】コンプライアンスについて

日本を代表するトップアスリートの違法賭博への出入りがあった事や反社会勢力との付き合いがあったと疑われる件を受けて急遽、スポーツ庁において鈴木大地長官の発令で「スポーツ界におけるコンプライアンスの徹底に関する会合」が開かれました。JPAもこれに伴いガバナンスとコンプライアンスの徹底を行わなければなりません。

スポーツ庁が提示した「スポーツ界におけるコンプライアンアスの徹底に向けた当面の対策」は以下のとおりです。

対策1 すべての登録選手に速やかに周知徹底
対策2 選手に対する研修の実施
対策3 行動規範の策定・相談体制の構築及びスポーツ庁への報告
対策4 選手育成の在り方の見直し
対策5 団体としてのスポーツインテグリティ(パワーリフティング競技における高潔性)の確保

以上の対策案の提示に対してJPAにおきましては現在までの規定を見直し、具体的な「倫理規範」および「行動規範」を作成するなど取り組んでまいります。

Follow me!